GORI HOUSE QUALITY

  • Build your Dreams

  • High Quality for MAMA
  • Your Concierge

 

夢を叶える


かわいい猫ちゃんと一緒に家族4人で、かわいい空間で快適に…
 

 more
  
 

子供9人!11人の大家族であれば、朝には争奪戦が繰り広げられそう…

   

 
 
 

子供9人!11人の大家族であれば、朝には争奪戦が繰り広げられそう…

 
  more
主婦目線
設計者と大工
設計者と大工

設計者と大工が別々な場合、設計者がお客さまの意向を大工に間接的に伝えることになり、ズレが生じる可能性があります。
 
しかし、当社はお客さまと打ち合わせする設計者自身が実際に建築する大工であるため、お客様の意向がズレることが無いことはもちろん、デザイン性だけでなく材質の性質や器具の利便性など大工ならではのアドバイスも提供できます。
 
特に「ママ目線」を大切にし、快適な家事空間を提供できるよう各種メーカーの展示会より機能性の高い最新機器の情報をいち早く仕入れております。
 
また、人生最大の買い物である「家」は建築中であっても家事空間は「やっぱりココはこうしたい!」と修正をしたくなるものです。このような修正要望においても設計者と大工が同一であるので、現場の状況とお客さまの意向を瞬時に把握し対応することができます。

ゴリハウス工法

みかわ工務店の「住宅の強度」を高める取組を紹介します。
 

使用木材:集成材

建材に使用される木材には、「集成材」と「無垢材」があります。
 

 
集成材は、小さく切り分けた木材を乾燥させ、接着剤で組み合わせた「人工の木材」です。
 
無垢材は1本の木から作られているのが特徴です。木は根元から先まで強度やしなやかさは一定ではありません。使う部分で強度が異なると家全体の強度に不安が残ります。
 
集成材は、性質の異なる部分を切り分けて、接着しているため、強度や品質にバラつきがなく安定しているため、家全体の強度を確保することができます。みかわ工務店では「集成材」を採用しています。
 

骨組み工法:ピン工法

骨組みには「ピン工法」や「在来軸組工法」があります。
 
 
 
在来軸組工法の場合、木材を凹凸に加工し組み合わせるため、木材に大きな穴をくり抜く必要があります。そして木材を固定するためにビスを何本も木材に打ち込み固定するので、木材への負担は大きくなります。
 
 
ピン工法は、木材への負担が極力少ない穴を開け、ドリフトピンで木材を結合させます。ドリフトピンも木材の中に隠れるので、このあと紹介するパネル工法のパネルがぴったりと収まる利点もあり、みかわ工務店では「ピン工法」を採用しています。 
 

スーパーウォール工法

かわ工務店では、「耐震」「断熱」「気密」を重視した「スーパーウォール工法」を採用しています。高性能断熱パネルを骨組みに埋める工法です。
 

従来の筋交い工法では、地震の揺れの力が矢印のように伝わります。地震の回数が合わせて「柱が抜ける」「筋交いが折れる」可能性が高くなります。
 

筋交い工法

 
パネル工法の場合、地震の揺れの力を矢印のように分散することができ、耐久性が向上します。

パネル工法

 

スーパーウォールは、耐震だけでなく、生活を快適にする「室温」に大きく影響を及ぼします。詳しく解説されている動画をご覧くださいませ。
 
 
動画はをクリック  
コンシェルジュ
コンシェルジュ

 
みかわ工務店は、住宅をお引渡しして終わりではありません。
 
お引き渡し後は、お客様にとっての「住まいのコンシェルジュ」の役割を担っていきます。定期的な点検はもちろんのこと、お客様感謝イベントなども企画して楽しんでいただいております。
 
どんな些細なお困りごと(組み立て式の家具を買ったけど、上手く組み立てれないので組み立ててほしい等)でもOK!
 
気軽に相談できる工務店として、お客様の住まいと生活をサポートさせていただきます。

新築をお考えの方は必見!
住宅情報を発信しているブログです